スクリーンショット 2021-11-17 13.06.04.png

関東甲信越アライアンス/埼玉チーム

安部 邦昭 / Abe Kuniaki

  • エバーグリーン・プランニング 代表

  • 一般社団法人埼玉を食べる 代表理事

  • NPO法人都市づくりNPOさいたま 理事・事務局

1973年、さいたま市(旧大宮市)生まれ。高校生の頃、学校をぐるっと囲むようにゴルフ場の開発が始まったことをきっかけに「そもそも、まちづくりをどうにかしないと!」と思うように。大学では、林学科で森林動物学と景観生態学を学ぶ。 (株)生態計画研究所に入所後、国や自治体の委託業務に従事。国土交通省(旧建設省)の研究所とともに、生態ネットワーク計画立案のための評価手法及び計画立案手法の開発等のほか、自治体による市民を交えた生物多様性保全の計画の立案などにも携わる。 2002年からは、埼玉県をフィールドにまちづくりの様々な分野の専門家が集まるNPO法人都市づくりNPOさいたま(通称:つくたま)に参加。区民会議や、市民参加による公園作りや河川基本計画などの策定、自治体職員向けの参加型ワークショップの研修等に携わる。 同時に、地域活動を横方向にも展開。「038」をキーワードに大宮地域に関心を高める「大宮ぷろでゅ~す」や、地域メディア「大宮経済新聞」、市民の自由な視点からさいたま市らしい風景を選定する「さいたま百景選定市民委員会」、ITの力を社会課題の解決に活かす「code for saitama」、農業の支援と県産農産物の販売などを行う(一社)埼玉を食べる、などの活動を行っている。

活動事例/関連情報