糸井顔画像.png

関東甲信越アライアンス 副代表

永井 大輔 / Daisuke Nagai

  • 一般社団法人P-players 理事

  • イオンタウン株式会社

  • 都市経営プロフェッショナルスクール 1期 修了

1983年 北海道札幌市生まれ/茨城県守谷市在住。

2006年 筑波大学工学システム学類卒業後、札幌・横浜のアトリエ設計事務所に潜り込む。 日本一周の旅に出るなど一通り迷走した後、建築設計を学び直すべく、2008年 首都大学東京へ学士編入学。

2011年 首都大学東京建築都市コース卒業後、株式会社NTTファシリティーズ中央に入社。

2017年7月よりイオンタウン株式会社へ職を変え、商業施設の企画開発に携わる。

これからの商業施設の在り方を考えもがき苦しむ中で、都市経営プロフェッショナルスクールにたどり着く。某講師に「クソですね」と言われ、人生が変わる(良い意味で)。

2018年10月 同スクール公民連携スタートアップコース(1期)修了。

2018年11月より一般社団法人P-playersに参画。 自身が住むベッドタウンにおいて、「“住みよいまち”から“自ら暮らしを楽しむまち”へ」をコンセプトとした定期マーケット「and PARK Moriya」をスタート(2019年5月~)。

ケーススタディブックvol.03出版委員会では編集班長を務めたが、入稿ギリギリまでディテールにこだわり「神は細部に宿る」などと宣い、出版委員達を呆れさせる。 また、商業デベロッパー社員として、新世代SC研究会プロジェクトリーダー(2019年3月~)、地域連携まちづくり委員(2020年4月~)を拝命し、巨大小売グループと地域の新たな関係を模索中。

活動事例/関連情報

糸井1.png