一般会員

長澤 幸多 / Kouta Nagasawa

  • 株式会社Gugusdada 代表取締役、株式会社もりおかパークマネジメント 事業開発リーダー

  • 公民連携プロフェッショナルスクール 第2期生(2016年)、都市経営プロフェショナルスクール 公園専門課程(2019年)

1993年玉山村役場に土木技術職として入庁。2006年平成の大合併で盛岡市職員となり、道路整備部署へ経て2012年から公園部署に異動となった。2020年3月をもって盛岡市職員を退職し、現職に至る。

 

2012年から盛岡市動物公園再生事業に取り組むなかで、2016年に師匠となる岡崎正信氏と出会い、同年に公民連携プロフェッショナルスクールを受講するが、苦難の連続で思うように民間主導公民連携事業を実践できなかった。2017年の都市公園法改正を契機とし、2018年にPark-PFIによる木伏(きっぷし)プロジェクト及びホホホの森プロジェクトの事業化に成功。2019年にもPark-PFIを活用し、まなびやプロジェクトの事業化に成功した。

 

一気に事業化が進むなかで、自分の立ち位置に満足していないか?自己成長しているのか?という気持ちが湧き上がり、再度、2019年都市経営プロフェッショナルスクール公園専門課程を受講し、一緒に受講した仲間から刺激を受けて成長ができた。一方で、市民本位ではない行政運営に疑問があり、行政組織では持続可能な都市経営を実現できないことを痛感し、2020年3月に盛岡市役所を退職した。2020年4月に設立した第3セクターのPPPエージェント会社に転職したが、第3セクターでは機動的に動けない可能性があることから同年同月に第2セクターのPPPエージェント会社も設立した。

 

今後は、第2セクターや第3セクターの立場を使い分け、盛岡市だけではなく依頼のある各都市の持続可能な都市経営を実現していき、第1セクターから第3セクターまで実績を残した希少性のある人材となることを目指している。

活動事例/関連情報

  • 盛岡市動物公園再生事業

長澤幸多1.jpg
  • KIPPUSHIプロジェクト(木伏緑地)

長澤幸多2.jpg
  • ホホホの森プロジェクト(盛岡城跡公園)

長澤幸多3.jpg
  • まなびやプロジェクト(中央公園)

長澤幸多4.jpg